虎ノ門の内科で生活習慣病の治療を

日本人は高齢になるとある病気を発症する人が多くなっています。ある病気とは生活習慣病を言います。長年のライフスタイルやその積み重ねにより、もたらされる病気なのです。生活習慣病の代表的なものは、高血圧に糖尿病、脂肪肝や高脂血症、肥満にメタボリックシンドロームを指します。

いずれも食生活によりもたらされることが多い病気とされているのです。野菜が不足し食物繊維不足であったり、納豆やみそなどの発酵食品が少ないとこのような病気を発症します。一汁三菜ではなく、西欧式の肉類多めの食事を長年続けることでは称しやすいともいわれます。こうした生活習慣病は年を取ると誰でも発症すると、甘い気持ちでいてはなりません。

なぜなら糖尿病も書状が進行すると四肢の腐敗や失明等重篤になるからです。高血圧も心筋梗塞や心不全、脳梗塞のリスクを高めるので看過できなのです。もし生活習慣病の可能性が高い場合には、虎ノ門の内科を受診し治療を開始することをお勧めします。虎ノ門の内科の中には糖尿病に特化していたり、メタボリックに特化したクリニックもあるのでそうした病院を選択するのも良いと言えます。

虎ノ門の内科では肥満外来なども受け付けているのです。運動指導や栄養や食事指導なども行い、提携するスポーツジムで医師の指示した運動メニューを実践することで効果的に痩せていくことができます。運動前には医師が血液検査や触診をし、コンディションを確かめるので安全に運動ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です