急性疾患に素早く対応してくれる虎ノ門の内科

虎ノ門の内科なら、胃腸炎や扁桃炎などの急性疾患にも素早く対応してくれます。胃腸炎は発熱や嘔吐、腹痛などの症状を伴う病気でウイルス性腸炎の症状は嘔吐から始まるケースが多く腹痛や下痢の症状が出ます。胃腸炎の治療では脱水の予防が重要で、下痢や嘔吐が多い場合は脱水に注意が必要です。感染拡大の防止も重要で、トイレを共同で使っている場合は除菌作業を徹底します。

処理に使うペーパータオルは、ビニール袋に入れて縛り捨てます。手洗いも大切で、手袋を外した後は石鹼を使って細かい部分も丁寧に洗います。虎ノ門の内科では、担当医が治療に必要な情報を集めるために患者に対して質問します。必要に応じて血液検査や超音波検査などの検査を行い、脱水を防ぎます。

水を飲んでも吐いてしまう場合は点滴の治療を行います。中高年世代の悩みで多い頻尿は膀胱炎や尿路感染症、前立腺肥大症など様々な原因で起こります。虎ノ門の内科では、頻尿で困っている患者の悩みを丁寧に聞き取って対応します。過活動膀胱になると、尿が溜まっていない状態でも尿意が起こります。

精神のストレスや加齢も、過活動膀胱の原因になります。過活動膀胱で使用する薬は排尿筋を調整する自律神経に作用します。症状が軽い人なら、セルフコントロールでも症状の改善が可能です。最近は、骨盤底筋トレーニングも注目を集めています。

過活動膀胱を診断では、頻尿の原因になる他の病気を排除する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です