虎ノ門エリアでかかりつけの内科医を選ぶポイント

虎ノ門には内科がたくさんありますが、その中からかかりつけ医を選ぶときのポイントはできるだけ良い医師を選ぶことです。内科は医療を受ける際の入口であるため体調不良の時はまず受診する診療科であり、医師がどの臓器の診察を得意としているかで専門は違いますが内科の医師であればどの部位に問題があるのかを見立てることができるはずです。良い医師とは診察中に医師から詳細な問診があるかどうか、丁寧なコミュニケーションをしてくれるかどうかで判断できます。診断するためには問診により患者から提供される情報と検査から得られるデータが必要で、治療方針はその結果から導き出されます。

つまり必要な情報をどれだけ得られるかがとても重要になるわけで、そのためには丁寧なコミュニケーションが欠かせないというわけです。次は症状が改善しない、悪くなっているときに次の手を打てるかどうかです。症状が治らないということは最初の処置が適切でないということであり、治療計画を改める必要があります。別の可能性を考えて薬を変えることも大切ですが、状況によっては総合病院を紹介するという判断をタイミング良く下せるかどうかは重要です。

最後は、患者に現在の状況を分かりやすく丁寧に伝えて理解してもらえるかどうかです。病状や治療計画を理解し納得してもらった上で協力してもらえないと治療はうまくできないものです。患者に理解してもらえるよう説明するには医師自身が病状を把握していることがとても大切であり、専門用語ばかりではコミュニケーションが一方的になり理解を得ることは難しいです。虎ノ門は日本有数のオフィス街で、企業のビルが多く立ち並ぶエリアです。

虎ノ門周辺で勤務している人は、健康管理をおこなう上でも、勤務中に体調が悪くなったときに診てもらえるかかりつけ医をもっておくと安心につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です