禁煙したいなら虎ノ門の内科

たばこは百害あって一利なしと昔からよく言われています。確かにタバコ成分のニコチンタールは、一切人体に良い影響をもたらしません。得られる効果は一時的な爽快感のみであり、ほかはすべて体に毒をもたらすと言っても過言ではないのです。なぜここまでタバコが悪いと言われるのか、それはがん細胞の増殖や生活習慣病にかかるリスクを高めるからです。

特に妊婦などが吸うと胎児への影響はダイレクトで、健康な赤ちゃんを期待することができません。さらに受動喫煙も深刻な問題で、受動喫煙でがんを発症する人も後を絶たないのです。喫煙者本人のみならず他社にも害を及ぼすタバコが、歓迎されるはずもありません。中高年になり健康診断で再検査などが通達されるたびにタバコをやめなければと思うものです。

しかしながらタバコのニコチンは中毒性が高く依存してしまうので、生半可な意思ではやめることができません。そこでお勧めしたいのは虎ノ門の内科で行われる禁煙外来を受診することです。虎ノ門の内科の禁煙外来ではカウンセリングを徹底し、その人がタバコを吸いたくなる衝動や根本原因を突き止め、その動機を回避するようにも指導してくれます。虎ノ門の内科の禁煙外来では医師がタバコの量をコントロールし、さらにチャンピックスやニコチンパッチなどを駆使し、スムーズにタバコを止められる状態に導きます。

最近シミやたるみ、くすみが気になるという女性にも禁煙外来はおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です