交通事故, 士業, 弁護士

ゲームアプリに関する問題は弁護士に無料相談を

テレビゲームにハマる大人ユーザーが最近目立って来ました。スマートフォンやタブレットのゲームアプリに夢中になる専業主婦の方や、子供時代から熱心に家庭用ゲーム機のプレイを続けているゲーマーも多いです。大半のゲームアプリとゲームソフトはメーカーが責任を持って、法令を遵守した上で製造・販売しています。しかし、残念な事に最近リリースされた大手ゲームアプリの中には、「課金する事で、確率マルマルパーセントで絶対にAというカードが貰える」等というウリ文句でユーザーを誘い込み、実際にはカードAが用意されておらず、その宣伝文句自体が嘘だった、との事例が相次いでいます。

基本的にゲームアプリの大多数は真っ当なビジネスを営んでいるため、ゲーマーは悪質な宣伝文句を疑い、見抜く事は事実上困難です。その宣伝文句に騙され、お小遣いを大量に消費させられたユーザーも世間に多いです。そういった宣伝と実際の様子との乖離は、景品表示法違反に該当する恐れがありますので、被害にあったユーザーは弁護士に無料相談しましょう。既に別の多くのユーザーが被害を遭っているなら、なお一層弁護士に無料相談し、一致団結した上でゲームアプリの企業に対して、訴訟を起きす案を考えるべきです。

一般的なくじの景品表示法違反とは違い、バーチャル的な景品であるスマートフォンのゲームアプリ等は、素人目では不正を見抜きにくいものですので、ゲーム企業が悪質な手口を講じた場合、ユーザーの大多数が騙されます。ゲームに関する相談なんて弁護士にして良いのだろうか?と不安になる人々もいるかもしれませんが、実質的な詐欺行為であればプロの方々が喜んで無料相談に応じてくれます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です