債務整理, 士業, 相談

債務整理は再生への第一歩です

債務整理は、個人が借金により今後の生活が成り立たなくなるという辛い日々を送ってしまうだけにならないよう、借金の減額または免除により再生への道を開くことを目的としています。現在、多くの方が借金問題で悩んでいるといわれていますが、その多くは法律家に相談するなどの債務整理を行っていません。まずは債務整理の種類と内容を把握し、自分に合った債務整理方法を検討することが再起の第一歩です。債務整理には過払金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生の4種類があります。

過払金返還請求とは、今までに支払った返済額に対して過払金の有無を確認し、消費者金融などの貸方から過払金の返還請求を行うことです。司法書士や弁護士を通して貸方と交渉しますが、過払金の返金は法律上定められているので、返還請求まで時間もお金もかかりません。また、裁判所を通さないので公示されることがないことから周囲に知られることもありません。任意整理とは、司法書士や弁護士を通して貸方に返済負担の軽減を求めるものです。

この場合も裁判所を通さないため、公示される心配はありません。次に自己破産ですが、全ての資産を処分したとしても借金の支払いが困難である場合に適用されます。借金が全て免除されますが社会的な信用を失うので、日常生活において様々な制限を受けることになります。最後に個人再生ですが、自己破産に該当するが、今後も返済を行える定収が見込まれる場合に適用可能です。

自己破産と同様に裁判所に申し立てをし、債務を5分の1程度と大幅に免責にしてもらい、かつ長期の分割払いにしてもらうという制度です。減額幅は、任意整理よりも大きくなります。自己破産のような制限もないため社会的信用を失うこともありません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です