士業, 弁護士, 相続

債務整理のデメリットとは

債務整理とは、過去や現在の借り入れに対して見直しを行い、借金の軽減を図るというものです。もちろんいいこと尽くめではなく、少なからずデメリットも存在します。まず、過払い金、任意整理、個人再生、自己破産、何れの債務整理を行っても、手続きを行った金融機関からは二度と借り入れを行えなくなる可能性が非常に高くなります。また、任意整理、個人再生、自己破産の場合は個人信用情報機関にその履歴が記載されてしまうので、5年から10年は新たな借り入れやクレジットカードの作成、更新はほぼ不可能になります。

さらに、個人再生、自己破産においては官報に住所、氏名、その理由などが記載され、世間の周知の可能性が高まります。そして、自己破産においては、半年から1年程度一定の職業に就くことができなくなります。加えて、家屋を売却しなければならないケースもあります。以上が債務整理におけるデメリットですが、一つ一つ検証していけばそれほど気にする必要がないとも言えます。

借金を背負って、それを清算したのですから、さらに新たな借り入れを行うということは避けるべきで、生活は見直さなければなりません。クレジットカードは非常に便利ですが、現金で対応することができます。官報に名前等が記載されるとはいえ、一般の人間は官報を手にすることはありません。一定の職業につくことができなくなるといっても、法律に関する職業や金融関係などに限られています。

ですから、一般の会社員ではあまり影響は受けないと言えます。何よりも、厳しい取立てから逃れることができ、金利や借金の軽減を図ることができるのですから、メリットの方が大きいといえます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です